原子力災害における救護活動マニュアル

日本赤十字社(以下、「日赤」)は、「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成し、警戒区域外で活動する一般の災害救護に携わる救護班に許容される累積被ばく線量を1ミリシーベルトとした。作成に当たっては、国際放射線防護委員会(ICRP)が一般市民に対する1年間の実効線量限度の勧告に準拠することとした。日赤の救護班の活動期間は1週間以内を基本としており、この基準では福島県で「帰還困難区域」に設定されている地域でも、多くの場所で活動できることを意味する。また、救護活動時の行動基準を定めるとともに、救護班要員には研修会等において放射線防護の教育を行うなど、要員の安全を確保する基準についても定めている。

原子力災害における救護活動マニュアル
http://ndrc.jrc.or.jp/archive/item/?contentNumber=000001-00

Are you sure you want to delete this "resource"?
This item will be deleted immediately. You cannot undo this action.
File Name File Size Download
000070236.pdf 6 MB

Related Resources

Guidance material
21 May 2020
Tool and guidance to be used in combination with the focus group discussions (FGD) and be adapted for key information interviews (KII). Participant observation (PO) will as well contribute to the collection of data, and then triangulated with other s...
Tags: Guidance material, Community Engagement and Accountability, COVID-19 (Coronavirus)
Guidance material
25 Nov 2013
تقدم الملاحظات الإرشادية لبناء مدارس أكثر أمانا ٬ إطار عمل من المبادئ الإرشادية والتطورات العامة لوضع خطة محددة السياق للتطرق لهذه الثغ...
Tags: Guidance material, Earthquake, Flood, Landslide
Guidance material
28 Aug 2014
A good overview of indicators, tools and approaches available to help integrate VP into DRR and health programming by IFRC and Canadian Red Cross.
Tags: Guidance material, Behavior Change and Disaster Preparedness
Scroll to Top