原子力災害における救護活動マニュアル

日本赤十字社(以下、「日赤」)は、「原子力災害における救護活動マニュアル」を作成し、警戒区域外で活動する一般の災害救護に携わる救護班に許容される累積被ばく線量を1ミリシーベルトとした。作成に当たっては、国際放射線防護委員会(ICRP)が一般市民に対する1年間の実効線量限度の勧告に準拠することとした。日赤の救護班の活動期間は1週間以内を基本としており、この基準では福島県で「帰還困難区域」に設定されている地域でも、多くの場所で活動できることを意味する。また、救護活動時の行動基準を定めるとともに、救護班要員には研修会等において放射線防護の教育を行うなど、要員の安全を確保する基準についても定めている。

原子力災害における救護活動マニュアル
http://ndrc.jrc.or.jp/archive/item/?contentNumber=000001-00

Are you sure you want to delete this "resource"?
This item will be deleted immediately. You cannot undo this action.
File Name File Size Download
000070236.pdf 6 MB

Related Resources

Video
25 Nov 2014
Building Capacities: Best Practices in Asia Pacific – Volunteers and Youth (1/5) The vast majority of human resources of the Red Cross and Red Crescent societies are volunteers. In all their diversity, both young and old, from all backgrounds, ...
Tags: Video, Capacity Building for Disaster Risk Management, Youth Preparedness
Guidance material
25 Nov 2013
Les Notes d’orientation pour la construction d’écoles plus sûres présentent un cadre de principes directeurs et de mesures générales pour élaborer un plan spécifique permettant de remédier à cette grave brèche qui empêche la réalisat...
Tags: Guidance material, Earthquake, Flood, Landslide
Guidance material
28 May 2020
Protection of Family Links for patients admitted in medical facilities and persons placed in quarantine facilities.
Tags: Guidance material, COVID-19 (Coronavirus)